【追っかけのススメ】憧れの人RIZEのJesee氏を17年間追っかけして学んだこと

  1. 踏み師の橋本玄樹です!

先日12/20に僕の大好きな兄貴たちが、武道館でツアーファイナルを成し遂げました。

RIZEが無ければ今の僕はないし、人生の歯車が大きく変わるきっかけになった人たちなのです。

 

人生のターニングポイントとRIZE

 

僕が出会ったのは2000年15歳の中学受験の時。ラジオから流れてきたWhy I’m meでした。

今まで聞いたこともない極太なロックサウンドとラップの組み合わせに、まさしく雷が落ちるかの如く衝撃が体を駆け巡ったのです。

ギターは弾いていたけれど、今まで聞いていたJPOPとは全く違ったんですよね。当たり前ですけど。そうして、

「こんな音楽がやりたい!RIZEみたいなミュージシャンになろう!」

そう決意し、高校には一旦バスケをしに行くものの、卒業後には親の友人が経営していた音楽専門学校に行くことになりました。

 

専門学校に行っている時は、寝食を忘れるくらいギターの練習に没頭し、創作活動に明け暮れていて、ギター抱えながら寝ることもしばしば。

ギターって冷たいんで、お腹に乗せて寝るとだいぶ冷えて調子悪くなるんすよね。笑

ある日、バンドメンバーが、

「RIZEが大阪にLIVEしにくるから見に行こうぜ!」

と誘いがありました。もちろん二つ返事でチケットを買い超ワクワク!

人生で人がギュウギュウなLIVEハウスに行くのは初めてで、興奮しまくっていたの思い出します。

初めて行ったライブハウスの中は熱気に包まれていて、いかついタトゥー兄ちゃんたちもいっぱいいました。

サウンドチェックしているときからテンションマックス叫びまくり。

終わった後は「ヤバい!!!」しか言ってなかった。

衝撃的なLIVEを見てからというもの、僕たちのバンドはRIZEが大阪に来るたびLIVEに行き、バンドメンバーと連携をとって入り待ちと出待ちを繰り返します。

 

追っかけからの昇格

当時うちのバンドのボーカルはちょっとネジが外れていて、出待ちや入り待ちでゴリゴリJESSEさんに絡むだけではなく、機材の搬入出も勝手に手伝い始めます。

あいつ怒られへんのかな。。と心配をよそに次第に関係者の目に留まり、ある日こんなことが起きました。

心斎橋のクアトロでLIVE終わりの出待ちをしているときです。

なぜかRIZEのマネージャーにうちのボーカルが呼ばれたんです。

話が終わるなり飛んで僕のとこに戻ってきました!

「マネージャーにスタッフやらへんか!?って言われたやんけー!!!」

僕は、

「じゃあバンド全員でRIZEの手伝いしようぜ!!」

そんなこんなで、18歳の時にあこがれて追いかけてきたバンドを、これ以上ないほど近くで見て、勉強させてもらえることになりました。

 

憧れの人の考え方をインストール

RIZEが新譜を出したりすると、僕たち大阪部隊はアメ村や京都のショップにポスターやフライヤーの営業をすることがメインの活動。

関西圏でLIVEがある時は、機材の搬入出の手伝いしたりそれはそれは憧れの人たちのお手伝いができるわけですから、楽しくて仕方がありませんでした。

そして、LIVEをリハから勉強できるのです。最前線で活躍しているプロの現場を1から見させてもらってました。

音楽の現場を見れたことも、もちろんすごく貴重な体験だったのですが、それよりもJESSEさんの生き方、考え方、苦悩を身近に聞けたのが何よりもの財産になったんです。

当時、東京の家にお邪魔したときに言われた言葉が印象的でした。

「お前らのバンドの悩みも俺らと一緒だな」

衝撃でしたね。

悩みがなさそうに見える人たちなのに、僕らと変わらない人間なんだなぁと。

世間からは、ミュージシャン2世という目でしか見られてなかったりする悔しさとか。

やっぱり、人間関係でしかないんですよね。その人と人のぶつかり合いを、どうリーダーがまとめるか?とか。僕らなんかと規模は全然違うんですけど。。

バンドって度重なる逆境がたくさんあるんですよね。それを乗り越えてきて、音楽的にも素晴らしくて、運を掴むやつしか生き残れない。すごい世界。

うまいとかヘタとかにこだわり過ぎていると、そういうところもおろそかになったり。シンプルですけど、JESSEさんから学んだことを一言で表すなら、

『自然体でブレない!やると言ったことはやる!』

これにつきます。自然体ってめちゃくちゃムズイし、やる!って言ってやらない大人がほとんど。

僕が一生追いつけないであろう生き方や考え方だからこそ、魅力的で肌で感じて触れてみたいんですよね。

 

バンドを20年続けることの凄さ

バンドの関係って全員が横並びで、友達でもないし家族でもないし、スポーツみたいに監督もいないし、会社みたいに上下関係もほぼない。

演奏がうまいからって偉いわけでもなく、これ!っていう答えなんてない世界です。

誰かが脱退したから、あいつ入れればいいやん!って単純なこともなかなかできない不思議な集合体。

形も答えもない国語的な世界で、商業ベースに乗せるわけで、いろんなジレンマや葛藤が出てくるんだと思います。

 

そんな大変な組織の20年!という大きな節目を見ることができた感動は、何物にも代えがたい出来事でした。本当におめでとうございます。

RIZEのLIVEは生きてるうちに絶対一回は見てくださいね!歌詞をしっかり予習しておくと尚良いです。

これからも素敵な雷音を楽しみに待っております!

RIZEのLIVE情報はコチラです

 

追っかけのススメ

こんな人になりたい!!という人が現れたらあなたはすぐにでも行動に移しましょう。そうすることで人生が大きく変わります。

そしてぜひこれを実践してください。

【憧れの人の考え方をコピペする】

です!これに尽きる!と体験者が語っております。

そして、LIVEや講演会やセミナー会える機会があれば、これでもかと顔を出すのです。そう、信者のように。

信者=儲かる

信者=儲

よーく見てくださいね。信じる者は救われる。ぼく無宗教ですが。。

さあ!憧れの人に会いに行こう!

ABOUTこの記事をかいた人

踏み師の玄樹

1985/12/27生まれ。イジメられる→6年間のバスケ→バンド→リンゴの行商売り→HPの飛び込み営業→足圧の修業→南青山で開業。チャレンジしながら人生楽しんでいます。踏み師を世界中に育成し、世の中のコリを撲滅する事が目標。